>>ランキング詳細<< 

dhaサプリメントは必須です。

dhaサプリメントが今人気な理由は?

DHA.・EPA、が必要なわけは、食生活が昔に比べて欧米化しているからです。
特に不飽和脂肪酸の摂取が不足していて生活習慣病のリスクが大きくなっています。

 

なので特に厚生労働省も摂取をすすめているDHA.・EPAを毎日とるのがおすすめです。

 

実際に某製薬会社の調査で、DHA.・EPAをとることにより血液検査結果が改善したデータがありますし、消費者庁も「食品の機能性評価モデル事業」の一環で、食品成分の機能性の評価結果DHA.・EPAを最高ランクの結果を載せています。
dhaサプリおすすめは 

 

ということで、高品質で続けやすい価格からリピート人気のDHA.・EPA中心にランキングしてみました!

 

dhaサプリメントすすめランキング

 きなり
 

「きなり」の特徴とポイント、

 

@DHA・EPA含有量、1日4粒の中に500mg
A酸化しにくする必須脂肪酸のクリルオイルとアスタキサンチンが含まれています。
Bナットウキナーゼ(血栓を溶かしてくれる)も含まれていてサラサラ。
Cソフトカプセルで魚臭くないので習慣付けしやすい。
D安心の15日返金保証で保証してもらえるのは、良心的。
E定期購入でさらに33%お得になっています。

 

これだけ贅沢にこだわりの素材が入って、毎日続けやすい価格になっているのはうれしいですね。
リピート率が高いのは、内容の確かさとコスパの良さとでしょう。


 

DHA含有量 1日4粒 価格 オススメ度
450mg 初回1,980円(税込) 1日66円  

>>きなり詳細はこちら<<

 

 健知箋EPA&DHA
 

「健知箋EPA&DHA」の特徴とポイントは

 

@初回に限りわずか「1000円(税込・送料無料)」で購入することができる
A定期便コースは回数縛りがないので、気にならないときはいつでも解約できます。
B無臭だから、周りに気にしなくても大丈夫、魚の嫌いなお子様もOK
CEPA&DHAがなんと「750mg」
D特許を取得のシームレスカプセル
E作っているのが製薬会社だから安心

 

 

DHA含有量 1日2粒 価格 オススメ度
550mg 初回1000円(税込)   

>>美健知箋EPA&DHA詳細はこちら<<

 

 やわたDHA&EPA
 

「やわたDHA&EPA」の特徴とポイントは

 

@DHA・EPA含有量が、1日2粒の中に400mg!
A定期の回数しばりがないから、安心。早めたり遅らせたりも可能
Bフィッシュゼラチンでこだわりカプセル
C青魚の産地はカツオ鹿児島、イワシはペルー
D健康補助食品GMPの認証取得工場で製造してます。
 
 

DHAEPA含有量 1日2粒 価格 オススメ度
400mg らくらく定期便2,052円(税込) 通常価格2,160円(税込)  

>>やわたDHA&EPA詳細はこちら<<

 

 さらさら青魚
 

「さらさら青魚」の特徴とポイントは

 

@業界トップラスのEPA含有量
A1粒の容積は業界最小。飲み込むのが苦手な方におすすめ
B1粒には赤ワイン1杯分のレスベラトロールで酸化を防止
Cマグロは国内産なので安心
D1日あたり38円だから、手軽に健康維持
 

EPA含有量 1粒当たり 価格 オススメ度
クロマグロ赤味4切れ分 初回500円(税込)   

>>さらさら青魚詳細はこちら<<

 

 やずやの青魚の知恵
 

「やずやの青魚の知恵」の特徴とポイント、

 

@DHA・EPA含有量、1日2粒の中に128mg
A発酵させたカタクチイワシの魚エキス
Bマグロ由来のDHA、イワシ由来のEPA
Cタラの骨由来のカルシウム
D魚由来カプセル使用
E愛用者8万人突破の実績

 

香りがすこし鰹節のような感じですが、味はカプセルなので安心魚臭さを感じず、魚きらいな方でもOK

 

DHA含有量 1日2粒 価格 オススメ度
128mg 初回1,080円(税込)   

>>やずやの青魚の知恵詳細はこちら<<

 

 

dhaサプリメント-DHAとEPAの違いとサプリを利用するとき気をつけること

「DHA・EPA」は私たちの健康に良いことで注目されていますが、

 

その違いや効果については、曖昧な人も少なくありません。

 

EPA(エイコサペンタエン酸)は、血小板を固まりにくくする性質を持っています。

 

血栓(血の固まり)予防や血流改善をすることで、血液をサラサラにする効果が期待できます。

 

 

 

EPAは、青魚に多く含まれている必須脂肪酸で、私たちの体内ではつくられることがない成分です。

 

注目されている効果は次の通りです。

 

 

●動脈硬化の改善
 
●中性脂肪を減らす
 
●花粉症の改善

 

 

DHA(ドコサヘキサエン酸)は、血管や赤血球の細胞膜をやわらかくする性質を持っています。

 

脳の働きを活性化するので、認知症予防に期待ができる成分です。

 

 

 

また、記憶力や学習能力を高め、子供の脳や神経の発達にも欠かせないことがわかっています。

 

DHAは、私たちの体内では、EPAからつくられる成分です。

 

注目されている効果は次の通りです。

 

 

●脳の活性化
 
●記憶障害を改善
 
●視力の回復

 

 

EPAは主に血液に働きかけ、DHAは脳や目の網膜に働きかけるので、一緒に摂取すると良いでしょう。

 

利用する際には摂取量を守りましょう。

 

過剰摂取した場合には、吐き気や鼻血などの症状があらわれることがあります。

 

また、血圧降下剤や血液サラサラの薬を服用されている方は、EPA・DHAにも同じ作用があるので、

 

サプリメントの摂取に関しては、医師に相談されてください。

 

dhaサプリメント-DHAとEPAはどこか違う?

EPAとDHAは、似たような成分と思われている人も少なくありません。

 

共通する部分もありますが、その働きや効果はそれぞれ異なります。

 

EPAの正式名称は「エイコサペンタエン酸」、青魚に多く含まれる不飽和脂肪酸です。

 

血小板凝集抑制効果が非常に高く、血栓ができにくくする働きが確認されています。

 

また、中性脂肪や余分なコレステロールを減らし、血液をサラサラに、血管の若さを保つ効果があります。

 

動脈硬化、心筋梗塞、花粉症、アレルギーの改善が期待できる成分です。

 

 

 

DHAの正式名称は「ドコサヘキサエン酸」で、EPA同様、青魚に多く含まれる必須脂肪酸の一つです。

 

記憶力や学習能力など、脳の発育や発達には欠かせないことが、多くの研究で明らかになっています。

 

脳が活性化されるので、認知症の予防効果にも期待ができる成分です。

 

網膜や視神経の50%はDHAで構成されていることから、視力回復にも役立ちます。

 

また、DHAは、脳内にある幸せホルモン「セロトニン」や睡眠ホルモン「メラトニン」に働きかけ、

 

ストレスの緩和、精神を安定させる効果があると考えられています。

 

つまり、EPAは血管や血液の状態を良くし、DHAは脳や神経系統の健康に有効といえるでしょう。

 

dhaサプリメント-DHA・EPA過剰摂取には注意する

厚生労働省は、積極的なDHA・EPAの摂取を推奨しています。

 

DHA・EPAは、青魚に豊富に含まれ、体内ではつくり出すことができない「必須脂肪酸」です。

 

近年では、日本人の魚離れが深刻化しており、現代人には不足しがちな栄養素といわれています。

 

魚が苦手な人、魚を食べる機会が少ない人は、サプリメントを摂取すると良いでしょう。

 

ただ、DHA・EPAが健康に良いからと、過剰摂取は禁物です。

 

厚生労働省が推奨する1日の目標摂取量はDHA・EPA合わせて1gです。これは、約90gの魚に値します。

 

刺身なら、マグロ2〜5切れ、ハマチ3〜5切れ程度に当たります。

 

DHA・EPAの1日の上限は3gで、それ以上の摂取は、吐き気、下痢、鼻血などの

 

副作用があらわれることがあるので注意が必要です。

 

特に、血圧降下剤や血液サラサラの薬を服用している人は、

 

EPA・DHAの効果がさらに加速し、血圧が下がりすぎたり、血が止まりにくくなる可能性があります。

 

病気の治療中、薬の服用をされている人は、自己判断はせずに、医師に相談されると安心です。

 

魚を食べない日はサプリメントで補い、魚を食べる日は、サプリメントを控えるなどの工夫をし

 

普段の食事の補助として上手く使って行きましょう。

 

dhaサプリメント-DHA・EPAの1日の摂取量の目安は?

DHA・EPAは、私たちの健康には欠かすことのできない必須脂肪酸の一つです。

 

ドロドロ血液をサラサラにし、脳を活性化する成分として、幅広い年代から注目されています。

 

青魚に多く含まれる成分で、体内でつくられることはないため、毎日の食事から摂取する必要がありますが、

 

魚を食べる機会が少なくなってる現代人も多く、サプリメントを利用する人が増えています。

 

DHAの主な効果は、脳の活性化です。脳の情報伝達機能をつくる材料となるDHAが多いほど、

 

脳は活発に働き、記憶力の向上や学習能力も高まるといわれています。

 

EPAの主な効果は、血管をやわらかく保つ、血栓予防、血流を良くする、などです。

 

中性脂肪を減らし、抗アレルギー効果、精神を安定させる効果があるといわれています。

 

厚生労働省が推奨している1日の量は1g(1,000mg)ですが、ある調査では、

 

若い世代はもちろん、50代以上でも、1日1gを摂取できてる人は非常に少ないことが明らかになっています。

 

1日1g(1,000mg)は、魚90g以上、刺身だとマグロ2〜5切れに相当します。

 

魚が苦手な人や、毎日魚を食べるのが難しい人は、手軽に補給できるサプリメントを利用しましょう。

 

dhaサプリメント-DHA・EPA両方を同時に摂取することで相乗効果がある

「DHA・EPA」は、単体ではなく、両方一緒に摂れるサプリメントがほとんどを占めています。

 

どちらも、青魚、エゴマ油、亜麻仁油などに多く含まれているオメガ3脂肪酸です。

 

その役割と効果にはDHA・EPAそれぞれ違いがありますが、一緒に摂取することで、お互いが有効に働くとされています。

 

EPAは、優れた血小板凝集抑制効果があり、主に、血管・血液に働きかけていきます。

 

血栓予防、血流改善、抗アレルギー作用、中性脂肪やコレステロールを減らし、

 

高血圧、心筋梗塞、脳梗塞の予防にも期待ができる成分です。

 

DHAは、主に脳や神経に働きかけ、脳を活性化し、記憶力や学習能力の向上、認知症予防に効果的です。

 

視力回復効果もあり、美容にも良いことでも注目されています。

 

また、ストレス緩和、抗うつ作用などにも期待ができる成分です。

 

EPAとDHAの相性は非常に良く、単体で摂るよりも、両方同時に摂取することに意味があります。

 

得意分野は違いますが、良く似ている栄養素なので、一緒に摂取することで相乗効果がぐんと高まります。

 

「EPA・DHAサプリメント」は、1日の目標摂取量が手軽に自然な形で摂り入れることができるので、

 

魚離れが深刻な現代人にはDHAサプリはピッタリといえるでしょう。

 

 

dhaサプリメント-DHA・EPAの効果・効能とは?

 

DHA・EPAは、さばなどの青い魚油に多く含まれる脂肪酸です。

 

体内ではつくられることのない必須脂肪酸なので、

 

毎日の食事から摂取するのが理想ですが、

 

日本の食はアメリカ寄りになり、

 

日本人の魚離れは深刻で、

 

DHA・EPAをちゃんと完全に摂れている現代人は、

 

好き嫌いの多い偏食の子供だけでなく、

 

50代以上の大人も不足している状況です。

 

DHA・EPAの効力・効能は、血液サラサラ、

 

血圧の上昇を抑える、生活習慣病予防、

 

アルツハイマー病予防など、あなたの

 

健康に嬉しいプラス作用が実感できます。

 

健康食品を取り入れるとDHA・EPAをとれるし、

 

まかなうことができるので、

 

通販でオススメを検討したり、

 

ロングセラーを電話で問い合わせするなどして調べると、

 

欲しいキッズサプリや栄養分にたどり着くでしょう。

 

失敗しない選び方は、原料や成分表示が正しく記載され、

 

安全性・信頼性のある製法、生産メーカー、販売元であることを

 

見ることが大切です。

 

 

 

 

 

DHA・EPAサプリはこんな方におすすめ。

「油は太る」というイメージがありますが、私たちの健康には欠かすことができない「身体に良い油」が

 

あります。その代表として注目されているのが、青魚に含まれる「DHA・EPA」です。

 

DHAは「ドコサヘキサエン酸」という、必須脂肪酸の一つです。

 

DHAの特徴は、脳や目の網膜に入ることができる数少ない成分で、脳の活性化、視力回復効果が期待できます。

 

EPAは「エイコサペンタエン酸」という、DHA同様、体内でつくられることのない不飽和脂肪酸です。

 

優れた血小板凝集抑制効果で血栓を予防し、血液をサラサラに、中性脂肪を減らしていきます。

 

DHA・EPAサプリは、次のような方におすすめです。

 

 

●健康診断で引っかかった(中性脂肪、コレステロールなど)

 

●魚を食べる機会が少ない、魚が苦手

 

●食事が偏っている

 

●不規則な生活

 

●運動不足が気になる

 

●血液がドロドロ

 

●ダイエットをしたい

 

●生活習慣病が気になる

 

●集中力がなくなってきた

 

●記憶力に自信がない、うっかりが多くなってきた

 

●いつまでも若々しく元気でいたい

 

●気持ちが落ち込む

 

●花粉症、アトピー性皮膚炎、アレルギーが気になる

 

 

DHA・EPAサプリは、年齢とともに気になる健康をしっかりサポートしていきます。

 

神経系に働きかけるのはDHAだけ

「EPA・DHA」は、マグロ、ブリ、サバなどの青魚に豊富に含まれる必須脂肪酸です。

 

どちらも、生活習慣病の予防や健康維持には欠かせない栄養素ですが、

 

身体への働きかける場所や効果は大きく異なります。

 

EPAは、血管・血液へ働きかけ、血小板凝集抑制効果で血栓がつくられにくくなることで血流が良くなります。

 

中性脂肪を減らし、花粉症などのアレルギーにも効果が期待できるといわれています。

 

DHAは脳・神経系への効果が高く、記憶力の向上や認知症予防、視覚機能の改善をしていきます。

 

脳は、脳内に入れる成分を選別するといわれていますが、

 

DHAは脳を活性するためには重要な、脳に入ることができる数少ない成分の一つです。

 

脳や神経系に働きかけるのはDHAだけで、EPAは神経系への働きかけはありません。

 

反対に、DHAも血管や赤血球の細胞膜をやわらかくして、血液をサラサラにする働きはありますが、

 

血流改善効果は、EPAの方が高いといわれています。

 

DHAは、私たちの体内ではつくることができない栄養素で、体内のEPAからつくられます。

 

脳のDHAが不足した場合、体内のEPAをDHAに変換できるようになっており、

 

しっかりとEPAを摂取していれば、DHAが不足することはありません。

 

血液をサラサラにする効果はEPAの方が高い

青魚に豊富に含まれる「EPA・DHA」は健康に良いという知識はあっても、

 

その違いや効果に関しては分からないという人は意外と多いようです。

 

青魚の成分というと「血液サラサラ」というイメージですが、

 

血液をサラサラにする効果はEPAの方が高いのをご存知ですか?

 

EPAの特徴は、血中の脂質バランスを改善し、血栓をできにくくすることで、血液の流れを良くします。

 

血液中の中性脂肪を減らし、善玉コレステロールを増やし、動脈硬化の予防にもつながります。

 

DHAも血液をサラサラにする効果はありますが、主に脳を活性化し、記憶力の向上や

 

認知症予防効果、視力回復効果に期待ができます。

 

比較をすると、EPAの方が血液をサラサラにする効果はより高いといえます。

 

実際、DHAサプリは医薬品として採用されているほどです。

 

分かりやすくいうと、EPAは血液・血管に、DHAは脳に効果が期待できる成分ということです。

 

EPAの優れた働きは、ドロドロ血液をサラサラに改善して、血液が固まる血栓をできにくくする

 

「血小板凝集抑制効果」です。血流が良くなることで、血管を若々しく保てるようになります。

 

また、花粉症やアトピー性皮膚炎など、アレルギー症状の緩和にも効果があるとされています。

 

オメガ3とオメガ6とは

脂肪は「飽和脂肪酸」と「不飽和脂肪酸」に分けられます。

 

飽和脂肪酸は、牛肉、豚肉、乳製品などの動物性脂肪や、ココナッツオイル、ヤシ油などに多く含まれ、

 

摂りすぎには注意が必要な油です。体内で合成されるので、特に注意して食事から摂る必要はありません。

 

不飽和脂肪酸は、オリーブ、ゴマ、コーンなどの植物や魚などに多く含まれ、善玉コレスレロールを増やすなど

 

私たちの身体に良い効果があるといわれている油です。こちらは体内でつくられることはないので、

 

食事から摂取しなければいけない油で「必須脂肪酸」と呼ばれています。

 

近年、話題になっている「オメガ3」「オメガ6」は、不飽和脂肪酸です。

 

オメガ3の代表的な脂肪酸は「α・リノレン酸」「ドコサヘキサエン酸(DHA)」

 

「エイコサペンタエン酸(EPA)」、オメガ6の代表的は脂肪酸は「リノール酸」です。

 

一般的に、現代人の食生活では、オメガ3が不足、オメガ6が過剰摂取されているといわれています。

 

オメガ3とオメガ6は、1:4の割合で摂取するのが理想とされていますが、

 

食生活の欧米化や外食などで、なかなか難しいのが現状です。

 

オメガ3が豊富な、青魚(サバ、イワシなど)やアーモンドなどを意識して摂り入れ、

 

市販の総菜や加工食品などの多く含まれるオメガ6の摂取を控えるよう、バランスを意識することが大切です。

 

魚嫌い必見!魚以外でEPAやDHAが含まれている食材は?

私たちの健康維持には欠かせない必須脂肪酸「EPA・DHA」は魚に多く含まれていますが、

 

現在、日本人の魚離れは深刻で、若い世代だけでなく、50代以上の世代でも「魚を食べる機会が少ない」

 

「魚嫌い」「魚を調理するのが苦手」という人が多いといわれています。

 

厚生労働省が推奨するEPA・DHAの目標摂取量は、1日1g(1,000mg)ですが、

 

ある調査では、食事の欧米化などで、多くの人が不足していることが明らかになっています。

 

EPA・DHAは、体内ではつくられることがないため、食事から摂取する必要があります。

 

えごま油、亜麻仁油、シソ油、くるみ、大豆などに含まれる「α-リノレン酸」は、体内に取り込まれると、

 

EPA・DHAに変換されるので、魚が苦手な人は、積極的に食生活に摂り入れて行きましょう。

 

α-リノレン酸は、酸化しやすく熱に弱いので、加熱はせずに、ドレッシングとして使用すると良いでしょう。

 

α-リノレン酸以外では、卵や肉類、ふりかけやソーセージなどに配合されている商品もあります。

 

ただ、EPA・DHAの変換率は10〜15%なので、魚と比べると少なくはなってしまいます。

 

毎日、一定量を摂取していくには、サプリメントを利用するのも一つの方法です。

 

EPA・DHAはどうやって中性脂肪を減らしてくれる?

中性脂肪は、イメージ的に要らないものと思われがちですが、

 

私たちが生きていく上では欠かせない、エネルギー源となる物質です。

 

体温を一定に保ち、脂肪分として内臓を守る働きがあります。

 

しかし、基準値(150mg/dl)以上になると「脂質異常症」となり、動脈硬化を起こす原因にもつながります。

 

中性脂肪を改善するには、生活習慣の見直しが必要ですが、

 

EPA・DHAは中性脂肪を減らすことで注目をされています。

 

EPAの優れた血小板凝集抑制効果は、血液の中の血栓をできにくくすることで

 

血液の流れが阻害されることがなくなり、血流がスムーズになります。

 

その性質から、血液をドロドロにさせる原因の一つ、中性脂肪値を下げることができるのです。

 

EPAは、中性脂肪値を下げる薬の成分にも入っているほどです。

 

DHAは主に脳を活性化する成分ですが、血管壁や赤血球をやわらかくし、

 

中性脂肪やコレステロール値を減らす効果があります。

 

また、脂肪を分解させる脂肪分解酵素「リパーゼ」を活性化し、脂肪燃焼を促進します。

 

つまり、脂肪分解酵素を増加させ、脂肪がより分解されるという仕組みです。

 

DHAも「中性脂肪が気になる方の食品」として、特定保健用食品として認められています。

 

 

DHA・EPAサプリを利用する際の注意点

「DHA・EPA」は、積極的に摂取するよう、厚生労働省からも推奨されているほど

 

私たちの健康を維持するためには欠かせない栄養素です。

 

EPAは、優れた血小板凝集抑制効果で血栓ができるのを防ぎ、血流を良くしていきます。

 

また、DHAは、脳を活性化し、記憶力を高め、認知症予防にも効果的といわれています。

 

近年では、毎日魚を食べる習慣がない人も多く、EPA・DHAサプリを摂取している人が増えています。

 

その際には、効果的な飲み方や注意点をしっかり把握しておくことが大切です。

 

DHA・EPAの目標摂取量は、1日1gといわれています。

 

一度にたくさん摂るのではなく、毎日用量を守って摂取し続けていくことが基本です。

 

1日3g以上摂取し続けると、吐き気や下痢などの症状があらわれる場合もあるので、

 

過剰摂取には気を付けましょう。

 

また、EPAには、血液サラサラ、血を固まりにくくする、血圧を下げる、などの効果があるので、

 

血液をサラサラにする薬や、血圧を下げる薬を服用している場合、

 

血液がサラサラになりすぎる、血圧が下がりすぎる、血が止まらなくなるなどの可能性が考えられます。

 

必ず、医師と相談をされたうえで、DHA・EPAサプリの摂取をするようにしましょう。

 

消費者庁の評価が最高ランク?!DHAとEPAの機能性

DHA・EPAは、オメガ3系脂肪酸の一つで、私たちの健康には欠かせない必須脂肪酸です。

 

主に次のような効果が期待されることで、注目されています。

 

 

●血管をやわらかく保つ(DHA)

 

●脳の活性化(DHA)

 

●血液サラサラ(EPA

 

●血栓予防(EPA)

 

●心血管疾患リスクの軽減(DHA・EPA)

 

●関節リウマチの緩和(DHA・EPA)

 

 

その効果は、厚生労働省が1日1g(1,000mg)の摂取を推奨するほどです。

 

消費者庁が実施した「食品の機能性評価モデル事業」では、最高ランクのA評価を得ているものもあります。

 

A評価とは「機能性について明確で十分な根拠がある」という位置づけです。

 

これは、世界各地で人を対象に行われた研究結果を解析し、科学的な根拠を評価したものといえます。

 

 

◎心血管疾患リスクの低減・・・A

 

◎血中中性脂肪低下作用・・・A

 

◎血圧改善作用・・・C

 

◎関節リウマチ症状緩和・・・A

 

◎乳児の成育、行動、視覚発達補助・・・B

 

◎うつ症状の緩和と発生率低下・・・C

 

 

一般的に、DHA・EPAは中性脂肪を減らしたい人が多く利用されていますが、

 

確実にその効果があることが認められたということになります。

 

DHA・EPAは魚に豊富に含まれています。魚を食べる習慣がない人は、サプリメントで補給し、

 

健康維持のためにも意識して摂取すべき栄養素といえるでしょう。

 

 

青魚からDHA・EPAを摂る時の注意点

 

DHA・EPAは、青魚に豊富に含まれる必須脂肪酸です。

 

私たちの体内ではつくられることのない、健康には欠かせない成分なので、

 

毎日の食事から摂取し続けなければいけません。

 

1日の目標摂取量は、1g(1,000mg)ですが、魚の油は酸化しやすく、新鮮なうちに食べるのが理想です。

 

その魚によっても含有量は異なるので、効率的に摂れる調理法などを把握しておきましょう。

 

サバ、アジ、イワシ、マグロ、ブリ、などに多く含まれていますが、

 

DHA・EPAは熱に弱く、加熱すると、成分が外に逃げてしまいます。

 

栄養を逃がさずに食べるのなら、生(刺身)で食べるのが一番です。

 

毎日刺身だと飽きてしまうので、カルパッチョやお寿司のネタ、酢の物にするなど、工夫をしてみましょう。

 

生で食べるのが苦手な人は、ムニエルや照り焼き、ホイル焼きなどにするのがおすすめです。

 

また、缶詰はそのまま食べられ、簡単にDHA・EPAも摂れるので効率的です。

 

煮魚にする場合は、成分が流れ出てるので、煮汁まで食べるよう心掛けましょう。

 

フライなどの揚げ物にする場合は、摂取量が50%減になるといわれているので、

 

オメガ3脂肪酸のシソ油やオリーブ油を使用すると良いでしょう。

 

DHA・EPAは体に良いものとして知られていますが、副作用などはないものなのでしょうか?

 

DHA・EPAは体には欠かせない必須脂肪酸です。摂取すると体に良いとされていますが、

 

妊婦さんがDHAやEPAを摂取する場合には気を付けなければならない事があります。

 

DHAを摂取すると頭の良い子が育つというような話があり、

 

青魚を積極的に摂取するのが良いとされていますが、

 

副作用としては魚に含まれている水銀に気を付けなければならないのです。

 

適度な量ならば大丈夫ですが、食べ過ぎた場合にはお腹の赤ちゃんに影響することがありますので、

 

注意が必要でしょう。また継続して過剰摂取すると嘔吐や下痢の症状が出る場合もあります。

 

EPAの場合も同じです。水銀が気になるようであれば、含まれていないサプリメントから

 

摂取することが望ましいと思われますが、その場合も高品質なものをセレクトするのが良いでしょう。

 

 

DHAとEPAを摂取するにあたってはいくつか効率的に摂取するポイントがあります。

 

一番効率の良い摂取方法は生魚で食べる方法なので、刺身で食べるのが良いでしょう。

 

とくに魚の中でも、さんま・いわし・ぶり・まぐろなどに多くDHAやEPAが含まれています。

 

そのまま生で食べる方法が一番ですが、調理するとDHA・EPAが減ってしまう事があります。

 

煮魚にすると20%ほど減ってしまい、揚げ物にすると半減すると言われています。

 

しかし、たくさん食べれば食べるほど吸収されるというわけではないので、

 

適度な量を増やしていくという方法が一番べストと言えます。

 

また脂分を多く含んだ食品と一緒に摂取すると、効果がアップすると言われています。

 

サプリメントで摂取する際には、サプリメントが酸化してしまわないように気を付けることがとても重要で、

 

冷蔵庫などで出来るだけ暗い場所で保存するのがポイントです。

 

 

きなりのクチコミ

サプリメントの「きなり」を飲み始めたのは、最初は身体が疲れやすくなったという理由からだったのですが、気づいたらお肌の調子がとてもよくなっていくことに驚きました。

 

年をとるごとにだんだん乾燥肌になっていって、悩みになっていたのですが、最近では「きなり」を飲むことでお肌がしっとりするようになって、肌トラブルもなくなったような感じです。

 

血液がサラサラになって血管年齢までも若くなったのではないかと感じるほどです。

 

DHAとEPAは肌荒れなどにもとても効果があるということを飲んでから知るといった感じになったわけですが、本当に効果アリだと思います。

 

化粧ノリもアップした感じなので、もう手放せなくなってしまったという感じです。体にもいろいろな効果があるとともに、お肌にも効果があるなんて「きなり」にはびっくりしました。

 

これからもずっと飲んでいきたいと思っています。

 

 

>>総合評価NO1きなり詳細はこちら<<